印刷業界ニュース ニュープリネット

大日本印刷 ソネット・メディア・ネットワークスと広告配信プラットフォームで協業

2019.1.21

サービスのイメージ図

サービスのイメージ図

大日本印刷は、ソネット・メディア・ネットワークスが提供する広告配信プラットフォーム(DSP)である「Logicad(ロジカド)」の広告枠買付・運用に関するパートナー契約を締結(2018年12月)していることから、DNPグループの丸善ジュンク堂書店、ハイブリッド型総合書店hontoの本の通販ストアが保有する書籍分類、書誌データなどを活用したDNP独自のDSPの提供を1月21日から開始する。

 

大日本印刷が提供するDSPは、グループ書店の丸善ジュンク堂書店が保有する書誌データや日本最大級の書籍分類を活用するほか、ハイブリッド型総合書店hontoの本の通販ストア内のWebアクセスデータをSMNのAI(人工知能)「VALIS‐Engine」(ヴァリス-エンジン)で分析して潜在的に生活者が興味・関心を持つ広告を高精度でタイムリーに提供できる。また、ターゲティング広告を実施する広告主向けのプラットフォームと、広告枠を提供する企業のプラットフォーム間で広告の自動取引を行うReal-Time Biddingでは、膨大な取引情報をリアルタイムに処理し、応札する必要がある。SMNの「Logicad」は、一般的なDSPよりも高速の、約0.003秒で膨大なデータ処理を行うため、処理速度の遅延による広告出稿機会の損失を抑制するほか、広告案件ごとに最適と予測した価格を瞬時に判断し大量の入札リクエストに応札することができる。

今後は、同サービスを通じて出版業界の広告分野の活性化を図ると共に、他業界への展開も進めていくとしている。