印刷業界ニュース ニュープリネット

図研プリサイト、ダイテック 部品表と3Dデータを融合したコンテンツ作成サービス開始

2018.12.11

PLMシステムの開発・販売を手掛ける図研プリサイトと、技術情報コンテンツ作成を行うダイテックは、部品表(BOM:Bills of materials)と3Dデータを融合した技術コンテンツ作成サービスの提供を、12月10日から開始した。

提供サービスの概要

提供サービスの概要

 

図研プリサイトは、BOMと3Dデータを結び付けて管理できるPLMシステム「Visual BOM」の開発・販売を行っており、製造業の設計・製造部門を中心に、同システム上にて技術情報の共有と活用を促進する機能を提供している。

ダイテックは、仕様書や図面(3D CADデータ含む)などの設計情報から、ユーザーフレンドリーな取扱説明書やパーツカタログを企画・作成するコミュニケーション設計サービスを提供している。

この度、両社は製造業の更なる業務効率化・高度化を目的として、図研プリサイトが持つ3Dデータ活用に主眼をおいた技術情報管理におけるノウハウと、ダイテックが持つテクニカルコミュニケーション技術を融合した、高品質な技術コンテンツ作成サービスの提供を共同で開始することになった。これにより、主に動画マニュアル、パーツカタログ、販促資料、コンフィグレータを提供していく。