印刷業界ニュース ニュープリネット

アグフア ダイコロがアポジー・クラウドを採用、プリプレス作業を効率化

2018.7.18

Apogee Cloudのワークフロー

Apogee Cloudのワークフロー

日本アグフア・ゲバルトは、ダイコロがアルバム業界で初めてクラウドワークフロー「APOGEE Cloud(アポジー・クラウド)」を採用し、2018年1月に運用を開始したと発表した。ダイコロ大(大阪府枚方市)は、アポジー・クラウドの導入により、プリプレスで使用していたPCサーバーを削減。プリプレスワークフローをクラウド環境で運用することによって、更なるプリプレス作業の効率化を実現した。

ダイコロは卒業アルバム業界のトップメーカー。生産プロセスに多くのIT技術を投資し、業務の効率化を図っている。

今回採用されたアポジー・クラウドは最新IT技術を利用したクラウドソリューション。プリプレス工程のデータ処理をクラウドで実現するJDFベースのPDFワークフローで、複数のプリプレスPCサーバーの管理による手間や、サーバー更新時にかかる膨大なコストが解消される。

ダイコロは今回のアポジー・クラウド導入にあたり、「インターネットを活用した、顧客とのやりとりを効率化する仕組みを既に構築していたため、”クラウド”というものに対する抵抗感はなかった。むしろプリプレスの効率化・省力化のためには必要不可欠な仕組みだと感じ、採用をきめた。今後は、アポジー・クラウドと組み合わせて、クライアント向けに更なる良いサービスの提供を目指す」と述べている。