印刷業界ニュース ニュープリネット

フュージョン 人口知能活用のマーケティングで北海道大学院と共同研究

2017.6.21

フュージョン(北海道札幌市)は北海道大学大学院情報科学研究科調和系工学研究所と、人工知能(AI)によるマーケティングデータの分析アルゴリズム開発」について共同研究を行うと発表した。AI研究の分野で、複数の企業や行政機関との間で価値ある共同研究実績を誇る川村研究室と、長年に渡りビッグデータを蓄積し、分析 ASP サービスや行動予測モデリング等を提供してきたフュージョンのマーケティングノウハウが結びつくことで、次世代の分析アルゴリズムや、分析の自動化などマーケティング領域の人工知能技術の可能性を広げる。同社では人工知能技術を活用することによって、ダイレクトマーケティングの分野の新しい価値を創出していくとしている。