印刷業界ニュース ニュープリネット

北越コーポ 期間限定で抄紙機再稼働 印刷用紙不足に対応

2019.4.27

北越コーポレーションは3月末に停止した新潟工場6号抄紙機を、5月、6月の2ヵ月限定で再稼働すると発表した。

同社は国内印刷用紙の需要減少に対応し、印刷用紙の生産体制の再構築を図るため、今年3月末日で新潟工場6号抄紙機を停機した。 しかし、現状は、国内製紙メーカーの印刷用紙の供給能力削減に加え、昨年来の自然災害や諸事情により、国内印刷用紙 の供給量が極端に不足してる。こうした状況に対応し、国内製紙メーカーとして供給責任の一端を果たすべく、 主として他の国内製紙メーカーへのOEM供給を目的として、5月、6月の期間 に限定し、新潟工場6号抄紙機を再稼働することとしたという。今後も印刷用紙の生産体制の再構築を図ることを通じて国内の需給バランスの適正化を目指すとともに、さらなる高効率操業とコストダウンを進める ことで企業価値を向上していくとしている。