印刷業界ニュース ニュープリネット

【IGAS2018】FFGS “INNOVATION BEGINS HERE”テーマにスマートファクトリー披露

2018.6.5

 

Fujifilm Smart Factoryのコンセプト

Fujifilm Smart Factoryのコンセプト

富士フイルムグローバルグラフィックシステムズは7月26日(木)から7月31日(火)までの6日間、東京ビッグサイトにて開催される『IGAS2018』に出展する。富士フイルムのスローガンは『INNOVATION BEGINS HERE ―印刷を変える、未来を拓く―』。ブース全体を一つの印刷工場に見立て、受注から制作、印刷、後加工までの全工程にわたって自動化・効率化・可視化を実現した新たな印刷物生産システム『Fujifilm Smart Factory』を

展開する。

『Fujifilm Smart Factory』は、ジョブの内容に応じた出力機・後加工機などの生産システムの自動選択とスケジューリング、生産工程とコストの可視化により、最適な品質・納期・コストを実現する“次世代の印刷工場”。富士フイルムグループ内での相互連携に加え、業界内外の幅広いメーカー・ベンダーとオープンに連携し、受注から配送・納品までを一貫してサポートすることをコンセプトにしている。IGAS会場では、実際にホリゾンブースの後加工機器と連携をとり、「自動化・可視化」された工程全体の流れをデモンストレーションによって披露する。

富士ゼロックス『11000 Inkjet Press』(仮称)

富士ゼロックス『11000 Inkjet Press』(仮称)

『Fujifilm Smart Factory』の核となるのは次世代ワークフローシステムとデジタルプレス。ワークフローシステムでは生産計画の作成や生産状況の可視化を実現する富士ゼロックスの次世代工程管理ワークフロー(参考出品)、入稿から発送まで製造工程全体を管理するXMF 次世代バージョン(参考出品)を出展。デジタルプレスの分野では富士フイルムのSAMBAヘッドを搭載した富士ゼロックスの輪転型インクジェットデジタルプレス『11000 Inkjet Press』(仮称、参考出品)、枚葉インクジェットデジタルプレス『Jet Press 720S』、軟包装輪転型UVインクジェット印刷機『Jet Press 540 WV』などを展示する。

このほかブースではワイドフォーマット製品として3.2m/5m幅のUVインクジェットロールプリンター『Acuity Ultra』、CTP・オフセット印刷工程を担う『SUPERIA』、水現像フレキソ版なども展示する。

会期中はホリゾンブース内に設置された『Smart Factory Zone』で、7月27日(火)、7月29日(日)のいずれも11:30~プレゼンテーションを行う。