印刷業界ニュース ニュープリネット

ムサシ 2,200×1,500㎜のワイド型レーザー加工機『NRGL 2215』を常設

2017.7.24

musashiムサシは昨年9月に開設したレーザー加工機専門のショールーム『Flexible Arrow 平和島』のデモ機を拡充した。今回、加えたのはSei Laser社(イタリア)のXY方式レーザー加工機『NRGL 2215』、GCC社(台湾)のラベル向けレーザー加工機『Label Express』。昨年、ドイツで開催された世界最大の印刷機材展drupa2016以降、レーザー加工機の関心は高まっている。同社では今後もデモ機の増設を予定しており、加工の切り口から新しい印刷ビジネスのヒントを提供していく。

『NRGL 2215』はXY方式のシールドタイプCO2レーザー加工機。加工エリアは2,200×1,500㎜。幅広の基材の加工が可能なほか、紙以外にも、革や生地、アクリル、木材にも対応する。