印刷業界ニュース ニュープリネット

凸版印刷 マクニカとIoTシステムを組込みで保護

2017.5.9

凸版印刷は、半導体・ネットワーク機器の輸入・販売・開発を手がけるマクニカと、高セキュリティなIoT環境を実現するセキュリティサービスで協業を開始する。同協業により開発するセキュアICチップをIoT端末内部に組込むことで、データの盗聴や改ざん、ソフトウェアの不正な書き換えなどを防止するセキュリティソリューションをマクニカが提供する予定。

同協業は、マクニカが取り扱う幅広い半導体の商品ラインアップと用途に合わせた最適商品選択力や自社製品の開発で培ったハード/ソフトウェアのノウハウと、凸版印刷が持つICカード事業で培ったセキュアICチップのシステム開発技術やネットワークを通じて機密データを配信・管理するICカード発行技術を融合。プライバシーデータや工場内の秘匿性の高いデータなどを収集するIoT端末を、データの盗聴や改ざん、乗っ取りなどのセキュリティ脅威から守るセキュリティソリューションと、高セキュリティ管理サーバによるIoT端末の鍵のライフサイクルマネジメントの開発・提供を目指すもの。
今回の協業によるセキュリティソリューションの開発・提供に関し、マクニカはセキュアICチップを組込んだIoT端末及び検証用環境の開発・製造・販売を、凸版印刷がセキュアICチップへ無線通信によるアプリケーションおよび鍵情報の配信サービスを提供する。
なお、マクニカと凸版印刷は、同協業により開発するIoTサービスのコンセプトモデルを、5月10日から12日に開催される「Japan IT Week 春『第6回 IoT/M2M展』」のマクニカブースに展示する。