印刷業界ニュース ニュープリネット

光文堂 新春機材展を過去最大規模で開催

2017.1.26

あいさつする讃岐社長

あいさつする讃岐社長

光文堂は1月25日と26日の両日、名古屋市中小企業振興会館(吹上ホール)で、新春機材展「PrintDoors2017」を開催した。『成長へのギア・チェンジ』をテーマに、出展社150社、370小間と過去最大規模で行われ、印刷の未来を模索するための様々なソリューションが提案された。

 

オープニングセレモニーで讃岐秀昭社長は「今年は100周年に向けた挑戦が始まる第一歩をしるすPrintDoorsとなった。過去最大の150社、370小間の規模で開催できることは関係者の協力の賜物と厚く感謝したい。成長へのギア・チェンジをテーマに掲げ、イノベーションのきっかけを作る機材展としたい」と開会の挨拶を述べた。

賑々しくテープカット

賑々しくテープカット

続いて、光文堂友の会会長で髙井昭弘会長、愛知県印刷産業団体連絡会会長、愛知県印刷工業組合の細井俊男理事長が来賓挨拶で登壇して挨拶を述べた後、テープカットで賑々しく開場した。

 

会場では、今回の新春機材展で発表された7新製品をはじめメーカー・ベンダー、印刷会社の」コラボレーションコーナーなど多彩な内容が展示・提案された。

なお期間中には、JAGATの中部大会、県内の学生の来場、中部各県工組のポスターグランプリも開催。

「PrinDoors2017」の会場で

「PrinDoors2017」の会場で

会場には印刷関係者だけでなく、県内の学生も多く来場する。