印刷業界ニュース ニュープリネット

モトヤ ネット通信制のDTPエキスパート認証試験対策講座を開講、時間・場所を選ばす学習

2018.6.8

印刷機材商社のモトヤが運営するモトヤDTPスクールでは7月1日、日本印刷技術協会(JAGAT)指定の『通信制DTPエキスパート認証試験対策講座』を開講する。インターネット上からパソコンやモバイル端末を通して受講するもので、時間・場所を問わずにDTPエキスパート認証試験の対策講座を勉強することができる。

JAGATのDTPエキスパート認証は社員教育や個人のスキルアップを目的に1994年に始まった認証制度。ディアビジネス全般を想定した必須知識とその活用力を認証するもので、延べ受験者数5 万人、合格者数2万人を超える。

モトヤでは2001年に『DTPエキスパート認証試験対策講座』を開講。労働省(当時)の教育訓練給付金制度対象講座として約700名の合格者を輩出している。一方、JAGAT指定講座の多くが休講状態となっており、DTPエキスパート認証試験に向けて学習できる機会が減少。モトヤではより多くの学習機会、受講機会を広げるため、今回、時間・場所を問わずに受講できる通信制の対策講座を開講する。

受講者はインターネットを通じ、過去5年間の過去問題に取り組めるほか、公開模試試験に何回も受講できる。課題添削も可能。

受講申し込み開始は2018年6月25日。