印刷業界ニュース ニュープリネット

凸版印刷 社員の能力開発拠点を新設

2017.4.10

人財開発ラボのリラクゼーションルーム

人財開発ラボのリラクゼーションルーム

凸版印刷はこのほど、脳神経科学を活用した新たな人財(※1)育成プログラムの開発拠点「人財開発ラボ」(東京都台東区)を設立、4月から運用を
開始する。
凸版印刷は、DAncing Einstein(東京都豊島区、青砥瑞人社長、DAE)と共同で、脳神経科学を応用した能力開発プログラム「最新脳科学プログラム」を開発し、実証試験を行うなど、科学的な視点を取り入れた新しい能力開発に取り組んでいる。
今回新設した「人財開発ラボ」は、凸版印刷が「最新脳科学プログラム」で培ってきた脳神経科学の知見を応用し、新たなプログラムを開発、実践していく拠点。ベンチャー企業など社外とのコラボレーションによるオープンイノベーションの場としても活用できるプロジェクトルームや、精神面を整え社員のストレスケアを図るリラクゼーションルームなどを設置。また、DAEによって神経科学の観点から新たに設計された「マインドフルネス&ストレスマネジメントプログラム」など先進的な能力開発プログラムの検証などを行っていく。
凸版印刷はDAEと共に、同拠点を活用し、様々な能力開発プログラムの開発を進める。社員一人ひとりの生産性向上や成長促進を図るとともに、将来的には社外への外販も行う予定。