印刷業界ニュース ニュープリネット

第一印刷所 Jet Press 720Sが本格稼動、フルデジタル生産を加速

2017.4.6

第一印刷所(新潟市江南区)は4月5日、B2判枚葉型インクジェットデジタル印刷機「Jet Press 720S」の導入発表会を開き、導入の経緯や目的を説明した。同社はフルデジタルによる一貫した生産体制をめざし、計画的に設備導入を進めている。2017年を「デジタル印刷元年」と位置付け、Jet Press 720 Sの導入によりその取り組みを加速化する。

起動式でJet Press 720Sの起動ボタンを押す第一印刷所の堀一社長

起動式でJet Press 720Sの起動ボタンを押す第一印刷所の堀一社長

Jet Press 720Sは今年1月から本格稼働を開始し、月間出力枚数20万枚を達成している。チラシやポスター、冊子など主に小ロットの薄紙需要に対応。すでに既設の枚葉オフセット印刷機の稼動率が向上し、従業員の超勤時間が40%削減されるなどの効果が表れている。

今後同社では小ロットの既存需要の移行に加え、短納期、顧客の在庫適性化、テストマーケティング、データベースを利用した印刷物の作成に加え、バリアブル印刷、高色域印刷など新たなニーズを取り込む。また、色の安定性を活かし、印刷ターゲットの出力にも活用する。