印刷業界ニュース ニュープリネット

DNPアートコミュニケーションズ 福岡市博物館所蔵品の画像データ貸出サービス

2017.4.4

大日本印刷の100%子会社で、美術関連のコンテンツビジネスを行うDNPアートコミュニケーションズは4月10日、九州・福岡周辺の歴史や民俗を研究・展示する福岡市博物館の所蔵品の画像データ貸出サービスを開始する。

1990年10月に開館した同博物館は、国宝の金印「漢委奴国王」、民謡黒田節に唄われた名鎗「日本号」、ユネスコ無形文化遺産に登録された「博多祇園山笠」関連資料など、福岡にゆかりの深い文化財を多数展示。今回はそのうち代表的な所蔵品の約500点の高精細画像データの貸出からスタートし、利用者の要望に応じて取扱い点数を増やしていく。