印刷業界ニュース ニュープリネット

富士フイルム インクジェット事業部を設立、平成33年度に1,000億円を目指す

2016.12.26

富士フイルムは、インクジェット技術で世の中の多様なニーズに応え、事業のさらなる拡大を図るため、平成29年1月1日付で「インクジェット事業部」を新たに設立する。

同社は、平成17年以降、産業用インクジェットヘッドのリーディングカンパニーである米国のFUJIFILM Dimatix,Inc.や、家庭用・産業用を問わず各種ヘッドの特性にマッチする多様なインクを製造できる英国のFUJIFILM Imaging Colorants Ltd.およびFUJIFILM Speciality Ink Systems Ltd.を買収。これらのもつ優れたインク、ヘッドに独自の画像処理技術や化学合成技術を組み合わせて、先進的なインクジェット技術を開発してきた。平成23年には商業印刷分野向けに、高速でオフセット印刷を凌駕する高画質を実現する次世代インクジェットデジタル印刷機「Jet Press 720」を世界に先駆けて開発しグローバルに提供している。

今回、新たにインクジェット事業部を設立することにより「ヘッド」「インク」「画像処理」、すべてを自社グループ内で一貫して開発できる強みを活かしながら、さらに経営資源を集中。商業印刷のみならず、今後の成長が見込まれる産業用途や3Dプリンティングなどの新規分野で新たなビジネスを創出し、平成33年度に同事業で1,000億円の売上拡大を目指す。