印刷業界ニュース ニュープリネット

グローバルグラフィックス プリントヘッド制御開発のMeteor買収 

2016.12.6

デジタル印刷用 ソフトウェアを開発するGlobal Graphics SE (グローバルグラフィックス SE)はこのほど、プリントヘッドドライバシステムの専門会社であるTTP Meteor Limited (Meteor)の全発行済み株式を、UKケンブリッジ近郊にあるTTP Group plc (TTP)より買収したと発表した。
今回の買収により、Global GraphicsのRIPソフトウエアソリューションとMeteorの産業用プリントヘッドドライバソリューションを連携させることで、インクジェット印刷機メーカーにさらに広いソリューションを供給できるようになる。両社にとってシナジー効果があり、戦略的に重要なものと位置付けている。

Meteorは、産業用インクジェット、グラフィックアート、商業印刷アプリケーションに、世界最先端のドライブエレクトロニクスとソフトウェアを供給している。Fujifilm Dimatix、コニカミノルタ、リコー、Sll Printek、Toshiba TEC、Xaarを含め産業用インクジェットプリントヘッドメーカーとの関係を通じて、製品化できるエレクトロニクスとソフトウェアを世界中の印刷装置メーカーに供給している。

TTPは、1987年から最先端の印刷技術の開発に携わり、2006年からMereorブランドでプリントヘッドドライブエレクトロニクスを供給してきた。今回の買収により、同社は、グローバブグラフィックスSEの完全子会社となる。社名もTPP Meteor LimitedからMeteor Inkjet Limitedに変更する。