印刷業界ニュース ニュープリネット

東洋美術印刷 連帳カラーのデジタル書籍生産ラインを導入、12月から稼動を開始

2016.12.2

開所式でのテープカット

開所式でのテープカット

東洋美術印刷(東京都千代田区)は12月1日、埼玉県ふじみ野市の同社工場で、デジタル書籍生産ラインの開所式を開催し、同社の山本久喜社長をはじめ、キヤノンプロダクションプリンティングシステムズ㈱の峯松憲二社長、ホリゾンインターナショナル㈱の堀英二郎社長らが出席した。

同社が導入した生産ラインはキヤノンの両面ロール・トゥ・ロール式のカラーインクジェットプリンタ「オセ カラーストリーム 3700Z」、ホリゾンのデジタル印刷対応の無線綴じライン「スマートバインディングシステム」。東洋美術印刷では新システムにより生命保険会社のしおり約款の小ロット対応をはじめ、小ロットの出版印刷やマニュアル、学習教材に事業を広げる。

山本久喜社長は機械導入に当たり、海外での実績を評価。オフセット印刷とプリントオンデマンドの中間を埋める500~2,000部程度の生産を想定している。

今回の製本ラインはワークフロー「イクオス」、MIS「プリントサピエンス」、ワークフロー管理システム「PRISMA production」と連携。また、今後、品質検査・不良排出システムも加えていく。