印刷業界ニュース ニュープリネット

ニッポン手仕事図鑑&築地活字 活版印刷の生き残りと技術継承をかけてクラウドファンディングで呼びかけ

2021.7.31

築地活字

WonderFLYのプロジェクト画面から(7月31日現在)

築地活字(神奈川県横浜市)は、 ニッポン手仕事図鑑の後援の元、職人技術の継承を目指したプロジェクトを、7月30日からクラウドファンディングプラットフォーム「WonderFLY」で開始した。

築地活字は、1919年(大正8年)に創業し、まもなく102周年を迎える。最近では、活版印刷が見直される風潮もあり、独特の風合いを求めて、活版印刷を採用した名刺を利用するニーズも増えていた。しかし、新型コロナウイルス感染拡大は、活版印刷にも大きく影響。同社では現在、会社存続の危機に直面しているという。

収入の柱であった名刺の発注が急減するとともに、会社の売上も激減。経済難に加え、以前から憂慮していた後継者不足問題も抱え、板挟みの状態にある。同社で19歳から鋳造職人として働いている大松初行氏は、現在76歳になる。しかし、活版印刷に使用する金属活字と呼ばれる字型を鋳造できる現役職人は、同氏を含めて日本全国で4、5人しかいないため、引退ができないという実情におかれている。

経済難と後継者不足という活版印刷業界の危機的状況を止めるためにも、日本の活字業界を復興することのできる、力強い後継者を生み出すことが必要であるという。

そこでこの度、活版印刷および活字鋳造の技術を未来に繋ぐためにも、クラウドファンディングを立ち上げることを決断。“最後の使命”である「活字鋳造の技術の継承」を全うすべく、応援を募ることとなった。

 

プロジェクトお礼には、活字を使ったオリジナルグッズ以外に、鋳造見学や体験できるものも含まれており、活字の魅力を伝える内容となっている。

 

【プロジェクト概要】

プラットフォーム:WonderFLY(ワンダーフライ)

  プロジェクトページ:https://wonderfly.ana.co.jp/cf/ideas/1016

期間:2021年7月30日(金)〜9月30日(木)

目標金額:500,000円

リターン例:

「築地活字 書体見本帳 & お礼のカード」3,000円

「鋳造見学・体験会コース」7,000円*先着12名様

「築地活字特製の名刺 & ご自分のお名前の活字セット」築地活字特製のオリジナル名刺(50枚)+お名前の活字(6本まで )10,000円

「明朝体活字セット」平仮名 & 片仮名活字セット(3号))20,000円

「アルファベット & 花形活字セットコース」アルファベット活字セット(18pt)+花形記号活字セット4号(13.75pt )35,000円

「活字鋳造・基礎コース」基礎プログラム・全8回 50,000円 *先着4名様