印刷業界ニュース ニュープリネット

リコー 高速インクジェット・プリンティング・システム「RICOH Pro VC40000」発売

2021.1.27

RICOH Pro VC40000 標準構成(I字コンフィグ)

RICOH Pro VC40000
標準構成(I字コンフィグ)

リコーはトランザクション市場向けの高速インクジェット・プリンティング・システム「RICOH Pro VC40000」を発売した。

新製品は、2007年発売の「InfoPrint 5000」の後継機種で、基幹業務印刷で要求される生産性や用紙対応力、システム構成の柔軟性を強化した。

最高印刷速度は150m/分。前身機の128m/分から生産性が向上した。白スジなどの発生を強力に抑制するプリントヘッドを採用し、高い生産性と印刷品質の安定的を両立している。

RICOH Pro VC40000 デュアルシンプレックス構成(L字コンフィグ)

RICOH Pro VC40000
デュアルシンプレックス構成(L字コンフィグ)

対応用紙厚は40~250g/㎡。薄紙や圧着紙など幅広い用紙への対応を強化した。また、片面機2台で同時に印刷するデュアルシンプレックス構成を新たに採用することで、ニーズに合わせた幅広い業務に対応した。

これらに加え、金融業、製造業、流通業、自治体などで広く利用されている基幹系の業務用印刷データフォーマット(IPDS)に標準対応。IPDSフォーマットを利用する企業は既存の上位システムに手を加えることなく出力することが可能。