印刷業界ニュース ニュープリネット

大日本印刷 AI活用の音が飛び出してくる絵本「魔法のような虫めがね」のデモ機開発

2020.12.8

大日本印刷(DNP)は、AI(人工知能)を活用して、子どもたちに知ることの楽しさを伝えて、興味・関心を育む「魔法のような虫めがね(仮称)」のデモ機を開発した。子どもが新しいものを知る体験や家族のコミュニケーションを深める読書体験の提供に向け、2020年12月より実証実験を開始する。

DNP_AI絵本

「魔法のような虫めがね」イメージ。(絵本は12月の三郷市のイベントで体験できる対象絵本)

 

「魔法のような虫めがね」は、専用の「虫めがね」をかざした文字や絵、写真やイラストなどをAIが認識し、その内容について音声や音楽で教えてくれる「魔法のような」情報機器。虫めがねで絵本を覗くと、朗読が始まり、虫めがねで絵本を覗くとストーリーや場面に合った音楽が流れる。虫めがねで図鑑を覗くと、認識したモノに対するサウンドや説明が再生される。

市販の絵本や図鑑などをそのまま利用することが可能で、見たいものを「魔法のような虫めがね」を通して見ることで、絵本であれば音声やBGM、図鑑であれば動物などの鳴き声がスピーカーから聞こえてくる。

デモ用の虫めがねのサイズは、直径82㎜、持ち手の長さ51㎜、重さ121g。絵本や図鑑などの全ての判型に対応可能。なおDNPでは、実証実験の反応などを踏まえて、本番機のサイズを最適化していく予定としている。