印刷業界ニュース ニュープリネット

コダック “PRINT THAT PAYS”をコンセプトとして新製品群

2020.6.16

PROSPER ULTRA 250 Inkjet Presses

PROSPER ULTRA 250 Inkjet Presses

コダック社はインクジェット印刷機とオフセットおよびデジタルソリューションのラインアップ拡充を発表した。

KODAK PROSPER ULTRA 520プレスは高いインクカバレッジが必要となるグロスコート紙に印刷する場合やバリアブル印刷で一貫して150m/分の生産速度を確保。オフセット印刷に匹敵する品質を提供するとともに、低ランニングコストを実現した。

新製品は同社の画期的なULTRASTREAMライティングシステムを採用して、コダックが製造した初めての印刷機。サテライトのない、より小さな真円形状の液滴を高精度で着弾させ、高い品質のインクジェット印刷画像を生成する。汎用的かつ高品質で、コスト効率に優れた水性インクを使用し、多様な基材への高速印刷を可能とし、生産性の最大化を念頭に設計された。用途はダイレクトメール、販促用ツール、カタログ、書籍など。2020年末に上市予定。

 

Uteco Sapphire Evo Wide Press

Uteco Sapphire Evo Wide Press

SAPPHIRE EVO Wは、フレキソ印刷に匹敵する生産性とグラビア印刷に匹敵する印刷品質を提供するデジタルパッケージング印刷機。コダックの高解像度ULTRASTREAMインクジェットテクノロジーとQDパッケージングインクを使用し、デジタル印刷をフレキシブルなパッケージング生産の主流とする機会を拡大する。2万平方メートルまでの小ロットに適しており、バリアブルコンテンツの印刷ではそれ以上の印刷量が想定される。現在、SAPPHIRE EVO Wプレスは全世界で受注を開始している。

 

完全無処理プレートのKODAK SONORA XTRAプロセスフリープレートは、視認性や耐傷性をさらに高め、高感度化により生産性を向上する。SONORAプロセスフリープレートの技術は、全

SONORA XTRA

SONORA XTRA

世界で4,000社以上のあらゆる規模の印刷会社が採用している。新製品は2020年末に上市予定(SONORA XTRAは海外市場向け製品。日本市場向けにはSONORA CX2/NX2を販売)

PRINERGY On DemandはPRINERGYワークフローを最新化し、投資効果(ROI)を最大限に高める新たなグローバルプラットフォーム。コダックがクラウド環境でホスティングおよび管理し、コスト効率の高い月額サブスクリプションで利用することができる。。高いセキュリティー機能を備えたMicrosoft Azureのネットワーク・インフラストラクチャーを基盤としており、ユーザーのデータやシステムが常時、安全に保護される。PRINERGY On Demandは現在販売中で、新しいオプションが2020年末にリリースされる予定。

KODAK MAGNUS Q800 T-Speed

KODAK MAGNUS Q800 T-Speed

世界最速の8 upプレートセッターKODAK MAGNUS Q800は新たにTスピードオプションを加えた。毎時最大80版の出力能力を備え、オフセット印刷ワークフローの生産性の最大化に寄与。イメージング速度の向上には工程全体の自動化も不可欠であるため、合わせて最大3,200版の大量処理に対応する最新型マルチパレットローダーも上市する。MAGNUS Q800プレートセッター Tスピードは今月からベータテストに入り、2020年9月に販売を開始する予定。1パレット当たり1,500版の収納力を持つシングルパレットローダー/マルチパレットローダーは2020年6月に出荷開始予定。

KODAK MAGNUS Q4800 プレートセッターは、2021年に上市予定の超大判サイズ(XLF)の印刷市場向けニューモデル。96ページ用超大判印刷機に対応し、1,650 mm幅の2枚のプレートの同時露光が可能となっている。最大8種類のプレートサイズと最大4,800版までのプレートをインラインで処理可能なパレットオートメーション機能を持つ。