印刷業界ニュース ニュープリネット

凸版印刷 みずほ銀行の校閲・校正業務をAIで支援

2020.1.8

凸版印刷は、 AIを活用することで印刷物・デジタル媒体に関する業界・企業特有の表記や専門用語を学習し、 企業ごとの基準に合わせて文章の校閲・校正を可能にする「AI校閲・校正支援システム」を、2019年10月に開発。その第1弾として、 金融業界向けにサービス提供を開始している。

Print

 

この度、同システムがみずほ銀行に採用され、 広告制作物における業務効率化を目的に2020年1月より運用を開始。
採用に先だち、凸版印刷とみずほ銀行は、同システムの実証実験を2018年12月から2019年3月までの約4ヵ月間にわたり実施している。 実証実験において、 広告制作物における校閲・校正業務に本システムを活用することで、 作業者の負荷削減やヒューマンエラーの減少などの業務効率化が確認され、 有効性が実証された。