印刷業界ニュース ニュープリネット

技光堂、kenma 立体成型、新素材に対応した新金属調印刷技術を発表

2019.12.16

立体成型(真空成型、インサート成形)

立体成型(真空成型、インサート成形)

技光堂(東京都板橋区)とkenma(東京都新宿区)は、国際展示会「高機能素材week2019 第8回高機能プラスチック展」に出展し、2社が共同事業として取り組む光を透過する機能を持ち合わせた金属調印刷技術を活用したインターフェイス事業「METALFACE(メタルフェイス)」の新技術を発表した。

技光堂の開発したメタルフェイス印刷技術は、透明樹脂素材に立体感(エンボス調)のある印刷と金属に見間違える程の高精細な金属調の印刷を行う技術。金属柄を独自に解析して印刷用の特殊なデータを作成し、原版を作成。それを基に独自の特殊なメタリックインクを使用し印刷する。光の透過技術の開発では、様々な光源をもとに透過率を検証、異なる光源(強弱)に対して、それに合わせた透過率を調整して印刷することが可能となった。

新素材への対応(左アクリル、右硝子)

新素材への対応(左アクリル、右硝子)

当初は、「平面印刷」、「樹脂(PET・PC)素材への対応」が技術的に対応可能だったが、企業から立体成形への要望や、耐候性が高く強度が強いアクリルや硝子素材への対応を求める声が多数寄せられ、技術開発を進めてきた。今回新たに、①立体成型(真空成型、インサート成形)、②新素材への対応(アクリル、硝子)、③発光色のバリエーションの増加の3つの新技術を発表した。