印刷業界ニュース ニュープリネット

凸版印刷 空港で最先端の映像技術を活用し地域の魅力発信

2019.9.25

ダイナミックな4K映像で地域文化の魅力を発信© Toppan Printing Co., Ltd.

ダイナミックな4K映像で地域文化の魅力を発信© Toppan Printing Co., Ltd.

凸版印刷は、文化庁が推進する「令和元年度先端技術を活用した日本文化の魅力発信事業」を受託した。2019年9月末から2020年3月末まで、訪日外国人観光客に向けて先端技術を駆使した日本文化の魅力発信を目的に、仙台空港・広島空港・阿蘇くまもと空港の3か所の空港で、地域固有の文化資源を魅力的に発信する映像コンテンツの上映と、検索型のタッチパネルを活用した情報発信を行う。

仙台、広島、熊本の3空港が立地する地域は、近年、地震、津波や豪雨の自然災害で大きな被害を受けた。同事業は、被災地の文化資源をコンテンツ化し展示することで、改めて被災地の地域資源の魅力を発信し、訪日外国人をはじめとした観光客の誘致を促し、消費拡大などによる地域活性化と復興への貢献を目指す。