印刷業界ニュース ニュープリネット

ミマキエンジニア 働き方改革と環境負荷低減対応のエコソルベント対応大判機発売

2019.8.26

ミマキエンジニアリングは9月末に、看板市場向けエコソルベントインク搭載の大判インクジェットプリンター「JV300-130 Plus」「CJV300-130 Plus」、カッティングプロッター「CG-130FXII Plus」を発売する。

「JV300-130 Plus」「CJV300-130 Plus」「CG-130FXII Plus」は、無人連続カットを可能にする新機能「IDカット機能」と、ネットワークケーブルを通じてプリンターにデータ送信可能な新接続方式「Ethernet接続」を追加することで、省人化と効率化を実現する。また、「JV/CJV300-130 Plus」にエコインクカートリッジシステムを採用し、プラスチックケースを再利用してユーザー自身で中身のインクパックを入れ替えることで、プラスチック使用量軽減による環境保全とインク単価の低減を両立させている。

ID カット機能は、プリントされた ID 付きトンボをスキャンして、カットデータ読み込みとカットを自動で行う。JV300 130 Plus と CG 130FXII Plus に搭載。JV300 130 Plus はCG 130FXII Plus と組み合わせて使うことで利用可能。

IDカット機能のイメージ

IDカット機能のイメージ

Ethernet 接続は、ネットワークケーブルを通じて接続する方式 のため同一ネットワーク内のパソコンからプリンターへの接続が可能。事務室のパソコンでデータ編集を行い、作業部屋のプリンターに直接プリントデータを送るなど、より自由かつ効率的な作業環境を構築できる。 JV300 130 Plus と CJV300 130 Plus に対応する。

Ethernet接続イメージ

Ethernet接続イメージ

 

さらに、「JV/CJV300-130 Plus」の「Ethernet接続」に対応した新たな独自画質コントール技術「MAPS4」が、バンディングを抑えた美しいプリントをサポート。巻取り装置を一新することで高品質の巻取りによる安定した生産を可能にする。

 

同製品は8月29日から開催されるSIGN & DISPLAY SHOW 2019に出展展示する。