印刷業界ニュース ニュープリネット

コダック 栃木・ダイサンの工場見学会に90名強

2019.8.7

ダイサン工場見学会

ダイサン工場見学会

コダックは8月6日、栃木県さくら市のダイサンで、SONORAによる完全無処理工程の工場見学会を開催した。
96名が参加した工場見学会では、同社の会社概要を聞いた後、3つのグループに分かれて刷版から枚葉印刷、輪転印刷の各部門を見学した。

ダイサンはワークフロー、CTP出力機からプレートまでコダック製品を採用。現在、PRINERGY、MAGNUS Q800 MCUとTRENDSETTER Q800 SCU、完全無処理版SONORA CXを使用している。また、工場内には、KOMORIのB2輪転機を2台、菊全4色H-UV機、菊全4色両面機、菊半4色H-UV機を設置している。

ダイサンのB2輪転機

ダイサンのB2輪転機

SONORAは3年半近く使用しており、環境と利益向上の2つを両立し、約13%のコストカットを実現。導入当初から大きなトラブルもなく使用し続け、今では月に5千から6千版出力している。

挨拶するダイサン・斎藤社長

挨拶するダイサン・斎藤社長

挨拶するコダック・藤原社長

挨拶するコダック・藤原社長

SONORA CXの版セットから枚葉機の出力まで披露した

SONORA CXの版セットから枚葉機の出力まで披露した