印刷業界ニュース ニュープリネット

凸版印刷 自治体の窓口申請をデジタル化、窓口申請業務電子化サービス開発

2019.8.6

「Speed Entry® Government」使用画面イメージ

「Speed Entry® Government」使用画面イメージ

凸版印刷は、自治体の窓口申請業務のデジタル化を実現する「Speed Entry® Government(スピードエントリーガバメント)」を開発し、今後、実証をふまえ実用化に向けての機能検討などを行い、2020年夏に販売を開始する。

同社はタブレット端末やスマートフォンで、申し込み受付がペーパーレスでできる申込書申請システム「Speed Entry®(スピードエントリー)」シリーズを提供。これまで銀行、クレジットカード会社、不動産会社、大手小売店などを中心に多数の企業に採用されている。「Speed Entry® Government」はこれらの実績を基に開発されたもので、自治体の窓口申請業務でタブレットなどデジタルデバイスを利用した手続きに紙の申請書への記入を置き換え、ペーパーレス化・業務効率化を実現する。具体的には、住民が利用する「手続き申請アプリ」と職員が利用する「申請受付アプリ」の2つのアプリケーションを提供する。