印刷業界ニュース ニュープリネット

凸版印刷 複雑な製造工程にも対応した製造DXソリューション提供

2019.4.26

凸版印刷は、 業種・業界を限定せず、多品種少量生産の複雑な製造工程のデジタル化にも対応したトッパン製造DX(デジタルトランスフォーメーション)支援ソリューション「NAVINECT TM(ナビネクト)」の提供を開始した。

 

凸版印刷では、ものづくりから卸・小売り、 生活者にいたるサプライチェーン全体のデジタル化を推進し、 顧客の事業変革を支援する「T-DX(トッパン・デジタルトランスフォーメーション)」を展開している。

sub1この度の「NAVINECT」は、 凸版印刷の自社製造拠点で長年行われてきたデジタル化の中で生み出された数々のシステム・ノウハウを活用し、 製造工程のデジタル化による生産性向上、 品質向上、 作業効率化を実現するソリューション。
凸版印刷の製造現場は、 情報系、 生活・産業系、 エレクトロニクス系など幅広い業種のオーダーメイド品に対応するため、 プロセスが複雑で統一できない特徴がある。その製造現場での実践の中で生み出されたアプリケーション群とデジタル化ノウハウにより、業種限定することなく、 顧客それぞれの課題に合わせて、 システムの設計、 開発、 導入・運用、 サポートを、 最適な形にカスタマイズして提供する。

 

特長は、多業種多業界の製造現場に対応し、複雑な製造工程の見える化を実現する。製造現場での長年の実践で生み出されたアプリケーションを10カテゴリに分け、 それぞれ異なる顧客の課題に合わせて個別もしくは組み合わせでの提供ができる。 10のカテゴリーは、「製造情報管理」「ヒト作業効率化」「帳票デジタル管理」「在庫管理(QR/RFID)」「トレーサビリティ」「搬送ナビゲーション」「品質保証」「装置自動化」「製造監視」「見える化」。また、課題発見から設計、 運用までのトータルにサポートし、高いセキュリティ管理力を持つ。