印刷業界ニュース ニュープリネット

ミマキ 2.5D 表現がより簡単に、大判フラットベッドUVインクジェット機発売

2019.4.24

大判フラットベッドUV インクジェットプリンター「JFX200-2513 EX」

大判フラットベッドUV インクジェットプリンター「JFX200-2513 EX」

ミマキエンジニアリングは2019 年5 月、大判フラットベッドUV インクジェットプリンター「JFX200-2513 EX」の販売を開始する。

新製品は、2013 年より販売をしている大判フラットベッドUV インクジェットプリンター「JFX200-2513」の後継機種。「JFX200-2513」は、最大2,500×1,300mm の白色ボード、透明/有色ボード、木材、ダンボール、金属など幅広い素材へ直接プリントでき、サインパネル、ディスプレイ(什器)や建材など、様々な用途で活用されている。

同社が提案している「Surface Imaging」の「厚盛り印刷」は、UV インクを何層も重ねることで表面に立体感をもたせた2.5D 表現を可能にする技法。従来は、積層している部分、していない部分の2 階調のみだったが、同社純正RIP ソフトウエアRasterLink6 Plus の新機能「2.5D Texture Maker」によって多段階調のデータを簡単に作成できるようになった。レンガや木目などのテクスチャがプリントされた内装材、絵画や油絵の筆跡(盛り)、文字の部分が盛り上がっているサイネージ制作など、簡単に半立体的で滑らかな2.5D プリントができる。

また、新開発ヘッドユニットを採用することで、透明/有色ボードへのプリント時に使用するホワイト&カラー同時プリントの速度が従来機種比200%に向上すると同時に、ワンランク上の生産性を実現する「Draft モード」を新たに追加し、最高35 ㎡/hの高速プリントが可能となった。