印刷業界ニュース ニュープリネット

ウチダテクノ フォイル&ラミネーター「Foil Glazer」を発売

2019.4.4

うちだテクノの「Foil Glazer」

ウチダテクノの「Foil Glazer」

ウチダテクノは、昨年のIGAS2018に参考出展して好評だったフォイル&ラミネーター「Foil Glazer」を発売する。同製品は、フォイル(箔)加工とラミネート加工が出来るシステム。

 

近年の印刷物には金色や銀色などの特色が、CMYKに加えた付加価値として求められる傾向が見られている。「Foil Glazer」は、デジタル印刷機のトナー部分にフォイル(箔)を転写させることにより、リアルな金色や銀色の加工が出来るので、印刷物の付加価値が向上する効果が見込める。

特長は、1台でフォイル(箔)とラミネート加工を実現。デジタルプリンターで印刷されたトナー部分にフォイル(箔)が転写されるので、特別な技術がなくてもフォイル加工が出来る。

箔押し用の版を使用しないため、生産コストを抑えられ小ロットにも適している。またフォイル加工のあとにオーバープリントを行なうことで、CMYKに金色や銀色が加わり、印刷物の付加価値が高まる効果が見込める。さらにラミネート加工をすることで印刷物の質感を変えられる。

エアーサクション方式の採用で、用紙にダメージを与えずに安定した給紙が行なえ

る。ダストリムーブローラーが用紙面の紙粉などを除去し、カラー液晶タッチパネルで簡単に操作が行なえる。

 

発売は、4月5日から。問合せは、ウチダテクノ 省力化機械事業部へ(Tel.03-5657-4071)