印刷業界ニュース ニュープリネット

ダイナコムウエア ダイナフォントが新元号「令和」の合字を日本語全書体に対応へ

2019.4.3

金剛黒体 新元号「令和」合字 文字見本

金剛黒体 新元号「令和」合字 文字見本

「ダイナフォント」を提供しているダイナコムウェアは、4月1日に発表された新元号『令和』の合字2パターンを、ダイナフォント(DynaFont)シリーズ日本語全書体に対応させることを発表した。

対応書体第1弾として、4月3日から、ダイナコムウェアフラッグシップフォントであり、新元号にふさわしい新時代のフォント「金剛黒体」6ウェイト(OpenType Standard N版、OpenType Pro 1-6版、OpenType Pro 1-6N版)合計18書体を新元号に先行対応させた。この度の「金剛黒体」の対応を皮切りに、今年5月末日までに、ダイナフォント(DynaFont)シリーズ日本語全書体を新元号に対応させる予定。

 

新元号「令和」に関する文字の字形に関して

新元号「令和」に関する文字の字形に関して

新元号の文字に対応した「金剛黒体」は、ダイナフォント年間ライセンス「DynaSmart」シリーズのオンラインインストーラから金剛黒体をアップデートすることで使用できる。また、新元号への日本語書体の対応は、「DynaSmart V」だけでなく、今年4月19日に発売予定のダイナフォント年間ライセンス「DynaSmart T」をはじめ、「DynaFont 人名記号外字3 TrueType for Windows」やサーバー用フォントライセンスなどのDynaFontライセンス(使用許諾)製品、外字ソリューション、組込み用フォントの日本語書体も対応させる。