印刷業界ニュース ニュープリネット

ハイデルベルグ 上海・コマーシャルデイでスマートプリントショップコンセプトを確立

2018.12.11

ハイデルベルグは10月末、中国・上海のプリントメディアセンターで「コマーシャルデイ」を開催した。400名を超えるユーザーが参加し、業界の動向を体験した。「情熱を利益に」というモットーのもと、ハイデルベルグは商業印刷会社がより成功するための、持続可能なソリューションを提案し、スマートプリントショップへの道を示した。必要な時だけ人が介入する、Push to Stopフィロソフィーによる完全自動化されたプロセスチェーンが、ネットワークで繋がれたライブプレゼンテーションで披露された。この最適化されたインテリジェントなプロセスは、生産における高い信頼性、より高い生産性とコスト効率を実現するためのもの。
スマートプリントショップは、プリネクトワークフローをベースにしている。プリプレスから、デジタル・オフセット印刷機、そしてポストプレスまで、完全にネットワーク化している。これが生産プロセスにおけるタッチポイントを減らし、効率を持続的に向上している。

生産性を向上するPush to Stop

400名が参加したコマーシャルディ

400名が参加したコマーシャルディ

参加者はスピードマスターCS92-5 LE UVにより、デリバリですでに乾燥している印刷物をすぐに処理するポーラー断裁システム300との効率的な統合により、タッチポイントが削減されたオペレーションを体験。また新世代のバーサファイアEVと、アジア市場で初めて紹介された新しいオートプレートプロ搭載のスピードマスターSX74-4の間のチームワークが披露された。高いレベルで自動化されたスピードマスターSX74は、出品された他の枚葉印刷機と同様、上海郊外のチンプー工場で組み立てられている。
統合とプリセッティングのおかげで、5つの仕事が15分で印刷され、スタールフォルダーですぐに後加工が行われた。Push to Stopは、簡単、安心、効率、そして利益のある生産をもたらす。デモンストレーションの最後にはOEEが計算され、生産を効率化し、仕事を短時間で行うためにOEEの向上がいかにして達成されるかが紹介された。
スピードマスターCD102-7+L UVでは7色マルチカラーの仕事を行い、より多くの加飾を求めるニーズに応える幅広い範囲のスポットカラーが紹介された。
スマートプリントショップの基礎となるのはプリプレス、デジタル・オフセット印刷機、そしてポストポレスのすべての工程を完全に繋げて自動化するプリネクトワークフロー。生産工程のタッチポイントは削減され生産効率が継続的に向上する。
顧客のためのハイデルベルグのライフサイクルソリューションポートフォリオのカギとなるコンポーネントは、印刷必需品のサフィラ。サフィラは最高の品質、生産性、信頼性によって、顧客の印刷機のOEEを最大化することを目指している。

新世代のバーサファイアが初めて中国で登場
新世代のバーサファイアEV/EPが、コマーシャルデイにおいて、中国市場でデビューを飾った。デジタル印刷機のバーサファイアEVは高いレベルの柔軟性とクリエイティビティを提供し、多様化と最適化を通して、デジタルビジネスモデルをさらに拡げることを確実にする。新しいスペシャルトナー「インビジブルレッド」の登場により、バーサファイアEVでは、合計で5種類のスポットカラーが利用可能になった。ホワイト、クリア、ネオンイエロー、ネオンピンク、そしてインビジブルレッドがさらなる加飾の選択肢を拡げる。また、先刷りしたホワイトの上にCMYKのプロセスカラーの印刷が初めて可能になったことで、カラーペーパーやフォイルに印刷する際、特別な効果を得ることができる。これまでは複数のプロセスが必要だったが、すべてワンパスで可能となり効率が格段に向上した。
バーサファイアEPは、安定して高いパフォーマンスを発揮するデジタル印刷機。新しいインラインキャリブレーションによって、色の安定性が増し、最初から最後の用紙まで色が安定する。新しいフォーマットは、より幅広いアプリケーションを提案することができるようになった。

バーサファイアEVを披露

バーサファイアEVを披露