印刷業界ニュース ニュープリネット

米・ロス4マーケティング社 カットスター75の導入で用紙コストを抑え、生産性向上

2018.12.4

ロス4マーケティング社はハイデルベルグカットスター75を導入した。エリック・ロス氏は、印刷機はロールシーター付以外には投資しない。新スピードマスターXL75-8-P+Lは主に用紙代を節約するために今回導入した。

ロス4マーケティング社はハイデルベルグカットスター75を導入した。エリック・ロス氏は、印刷機はロールシーター付以外には投資しない。新スピードマスターXL75-8-P+Lは主に用紙代を節約するために今回導入した。

アメリカ・コロラド州デンバー市のロス4マーケティング社が、最初のハイデルベルグカットスター75を導入した。

 

同社は、エリック・ロス氏が40年前に設立。レストランやフランチャイズチェーンのマーケティングを支援する最大のフルサービスプロバイダーのひとつとして発展してきた。顧客に求められる高い品質を実現するために、ハイデルベルグの機械に信頼を置いており、「8色両面機のスピードマスターXL75と、カットスター74における私たちの経験は10年前にさかのぼります」とエリック・ロス氏は語る。「この間、最大20%の用紙コストを削減し、フィーダでの停止を減らし、完璧な見当性、そして全体的に改善された生産性によって、私たちはお客様に対してスピードと高品質を提供することを可能にしてくれるベネフィットを大いに利用してきました」としている。

なお、新しいスピードマスターXL75導入の決定的要因は、ロス4マーケティング社の新しい機械に、ロールシーターのカットスター75の装備が可能であったこと。「カットスターなしで印刷機を購入することは考えられません。私たちは新しいカットスター75がさらにコストを下げ、より高い品質を提供してくれることを期待しています」とエリック・ロス氏。「これが多品種小ロット化へ向かう業界のトレンドへの答えです。新しいハイデルベルグのXL75が答えです。私たちのオートプレートとインラインでの機械制御が装備されたXL75の8色機は、4分ごとに約150枚でジョブチェンジを完了し、完璧な色と見当を実現してくれます」と語る。

カットスター106をベースに、ハイデルベルグのエキスパートは50×70フォーマットの新しいロールシーターを開発した。同システムは、すでにあったスピードマスターXL75とともに、2018年7月からデンバーでの生産に使用されてきた。機械はプリネクトワークフローを通じて統合されている。機械に合わせて最適化された印刷必需品サフィラが、高い印刷品質を確実なものとしている。プロセスを簡素化するため、ロス4マーケティング社は、各種の資材をハイデルベルグeShopで注文している。