印刷業界ニュース ニュープリネット

ギフトイット 卓上カレンダー意識調査、求める機能は“書き込みスペース”

2018.10.31

名入れ販促品・ノベルティ・各種記念品の販売を手掛けるギフトイット(大阪市北区)はこのほどビジネスパーソンを対象に卓上カレンダーの意識調査を実施した。調査は7月10日、インターネットで行われ、1,340人が回答した。

卓上カレンダーに求める機能・デザインの質問では51.0%が「使いやすい書き込みスペース」を上げた。次いで「1ページの中に前月・後月の表示」(38.6%)、「西暦や年号がひと目で分かるデザイン」(35.5%)、「六曜(大安・仏滅など)の表記」(29.1%)の順。また、社名や店名などの印刷がある「販促用卓上カレンダー」の使用に抵抗がないと回答したのは全体の77.2%(男性:80.2%、女性:66.2%)だった。

使用中の卓上カレンダーを選んだは「メモなどを書き込めるスペースが充実していた」(男性:42.8%、女性:42.7%)が一位だった。次いで、「サイズが気に入った(38.7%)」、「文字(数字)が見やすかった(37.4%)」の順だった。