印刷業界ニュース ニュープリネット

ハイデルベルグ クイックスがスピードマスター最新機導入

2018.10.25

ハイデルベルグ・ジャパンは今年5月、クイックス(愛知県刈谷市、岡本社長)のCOMセンター(刈谷市)にPush to Stopをコンセプトとする最新鋭の菊全寸のび判4色両面兼用印刷機スピードマスターXL106-4-Pを納入した。

クイックスは、今回の導入によって顧客が求めるスピード、品質、納品形態にあわせて、企画から納品まで流れるように作業が進んでゆくノンストップのPush to Stopワークフローを構築する確かな基盤を手に入れた。

 

菊全寸のび判4色両面兼用機スピードマスターXL106-4-Pの導入により、同社のオフセット印刷部門には新旧2台の菊全判機が並ぶ。また本社とCOMセンターに分かれていた印刷設備を1ヵ所に集約。4台の印刷機があった本社1階フロアがすべて空き、新たな活用が可能になった。導入から5カ月ほどだが、旧型機と比べると生産性が2倍から3倍と飛躍的に伸び、前準備時間も短くなったという。
今後の目標として、2交代14時間稼働で従来比20%のコストダウンを掲げている。