印刷業界ニュース ニュープリネット

コダック 完全無処理CTPプレート「KODAK SONORA」が47全都道府県で450社超で導入

2018.10.22

コダック ジャパンは、省電力UVへの対応を実現した完全無処理CTPプレート「KODAK SONORA」が、47全都道府県のユーザーに採用され、日本国内の導入社数が450社を超えたことを発表した。

 

SONORAは、海外で4,000社を超える豊富な導入実績をベースに、日本のユーザーニーズに適応すべく、コダック ジャパンの群馬事業所の研究開発部門で開発。2015年6月、日本市場向けに最適化した製品としてリリースされて以来、LED-UVやH-UVなど省電力UV印刷機を導入されているユーザー企業をはじめ、オフセット枚葉印刷機、オフセット輪転印刷機、減感インキを使用するビジネスフォーム印刷機、平台校正機、更には新聞印刷やパッケージ印刷にいたるまで広範囲にわたり活用されている。

コダック ジャパンでは、2016年秋に視認性を1.5倍にまで高めたSONORAを発表したのに続き、今年2月には、耐刷性を従来の2倍にまで高め、耐傷性も従来の現像有りプレートと同等のレベルを実現した改良品「SONORA CX」を発表。SONORA CXは、視認性、耐刷性、耐傷性の大幅な性能向上によって印刷市場における約8割の印刷アプリケーションに柔軟に対応することが可能となっている。