印刷業界ニュース ニュープリネット

IGAS2018が開幕~印刷産業にイノベーションをもたらす

2018.7.26

IGAS2018のオープニングテープカット

IGAS2018のオープニングテープカット

(一社)日本印刷産業機械工業会(宮腰巖会長)とプリプレス&デジタルプリンティング機材協議会(辻重紀会長)が主催するIGAS2018が開幕した。7月31日まで、東京・有明の東京ビッグサイト東ホールで開催されている同展示会は、「Venture into the Next!〜変わる印刷、変える未来〜」をテーマに、印刷関連業界のみならず、クライアントまで含めた国際印刷機材展として位置づけられる。

初日の開会式には、経済産業省製造産業局産業機械課の玉井優子課長、一般社団法人日本印刷産業連合会の浅野健副会長、公益社団法人日本印刷技術協会の塚田司郎会長をはじめ、印刷関連団体の代表者らが来賓として出席した。

開会式で日印機工の宮腰会長は、「今回のIGAS2018は、『Venture into the Next!〜変わる印刷、変える未来〜』」をテーマに、印刷会社の顧客であるブランドオーナーの視点に立ち、印刷及びクロスメディアにおける最新のソリューションとテクノロジーを提案する。特に今回は、日本印刷産業連合会とのタイアップ企画であるジャパンプリンティングエキシビションを開催し、日印産連と会員10団体が実施する、カレンダー、カタログ、造本装幀などの各種コンテスト受賞作を一挙に公開する。このような試みは今回が初めて。従来にもまして印刷業界と一体となってIGASを成功させたい。IGAS2018は319社、2,702小間と前回を上回る出展をいただいた。この期待に応えるべく、全力を挙げる」と主催者を代表して挨拶した。

来賓祝辞で経産省の玉井課長は「未来の競争力強化につながる最新のテクノロジーへの対応、生産性の向上、さらには多様なユーザーニーズに対応する機器を一堂に揃えたIGASは、まさに未来の印刷を大きく変える可能性を秘めた展示会となる。会場にはメーカー横断の企画としてスマートファクトリーゾーンが設置されると聞いている。未来を変える機器、メーカー横断の新たな取り組み、そして我が国の技術力を発信するこの展示会を契機に、新たなつながり、多くの商談が成立することを期待する」と期待を語った。

引き続き、日印産連の浅野副会長が「モノからコトへと言われて久しいが、今回のIGASに出展される製品、サービスがどのようなことに繋がり、何を起こすのかを考えるととても楽しみだ。ビジネス環境は急速に進化と変化を遂げている。産業のイノベーションに対するヒントがIGASで展示されると期待している」と祝辞を贈った。

来賓挨拶後には主催者、来賓を交えたテープカットが行われ、華々しくIGAS2018が開幕した。