印刷業界ニュース ニュープリネット

モリサワ 「タイプデザインコンペティション 2019」開催を発表

2018.7.6

モリサワは、世界中からオリジナルタイプフェイスを募集する「タイプデザインコンペティション 2019(Morisawa Type Design Competition 2019)」を開催する。モリサワ コンペ

 

タイプデザインコンペティションは、書体デザインのアワード。前身となる「モリサワ賞 国際タイプフェイスコンテスト」(1984年)以来、30年以上にわたり書体デザイナーの発掘とデザインを発信する機会の創造に取り組んでいる。前回(2016年)は、過去最大となる49の国と地域から、和文・欧文部門あわせて700点を超える作品が寄せられた。

今回も、新たな表現力とチャレンジ精神に溢れた作品を世界各国から募る。募集は、和文部門と欧文部門があり、審査は、各界で活躍するデザイナーや専門家があたる。「モリサワ賞」は、独創性や審美性を追究した作品に贈られるほか、ウェブサイトに作品を公開して実施する「ファン投票」も行い、一般からの投票で入賞作品が決定する。

なお、前回まで製品化する書体を募集していた「明石賞」は、新たに毎回異なるテーマに沿った書体を募集するカテゴリへと生まれ変わる。今回はOpenTypeの規格で示された「バリアブルフォント」をテーマに据え、その新規性と先進性を評価する。

 

タイプデザインコンペティション 2019の応募期間は、2018年11月1日から2019年1月31日まで。2019年7月に結果発表を予定する。

モリサワ賞(和文部門・欧文部門)受賞者には、表彰状とトロフィーおよび副賞として賞金が授与される。両部門とも、金賞 100万円(1点)、銀賞 50万円(1点)、銅賞 30万円(1点)、佳作 5万円(3点)。

ファン投票の入賞者には、表彰状とトロフィー、記念品を授与する。