印刷業界ニュース ニュープリネット

DNP 高品位なパノラマVR制作技術を開発

2018.6.5

(左画像)高品位パノラマVR導入前:青い丸囲い部分に「画像の重なり」が顕著 (右画像)高品位パノラマVR導入後:画像の重なりが発生せず、「鮮明な画像」で表示

(左画像)高品位パノラマVR導入前:青い丸囲い部分に「画像の重なり」が顕著
(右画像)高品位パノラマVR導入後:画像の重なりが発生せず、「鮮明な画像」で表示

大日本印刷は、2地点から撮影したパノラマ写真(静止画)だけで、高品位な360度のパノラマ VR(Virtual Reality:仮想現実)映像を容易に作成できる技術を開発した。同技術を利用すると、撮影画像から作成した従来の360度パノラマVRで発生する「画像の重なりや歪み」を抑制でき、場面の移動を鮮明でスムーズに表現できる。DNPは2018年内に同技術を実用化し、VRコンテンツ制作や配信プラットフォームのサービスの一つとして活用していく。