印刷業界ニュース ニュープリネット

富士ゼロックス コミュニケーションビジネスの研究開発拠点『Future Edge』開設

2018.5.30

『Future Edge』のオープニングセレモニー

『Future Edge』のオープニングセレモニー

富士ゼロックスは、神奈川県海老名市の海老名事業所内に、印刷技術を活用したコミュニケーションビジネスの研究・開発拠点『Future Edge』を開設した。5月30日には内野優海老名市長、全日本印刷工業組合連合会の臼田真人会長らを招きオープングセレモニーを行うとともに、新拠点の概要を説明した。

『Future Edge』は総面積約7,000㎡。顧客とともにビジネスモデルやアプリケーションを踏み出すワークショップを創り出す『Smile Garden』、印刷ワークフローの全体の見える化、設置されている各種デジタル印刷機・後加工システムによる未来の印刷工場を体感・実証する『Smart Factory』で構成される。富士ゼロックスの全プロダクションプリンター・関連ソフトウェアサービスに加えて、富士フイルムのインクジェットプレス、印刷ワークフローシステムなどグループ企業の製品に加え、国内外のパートナー企業のソリューションを集結した。

『Future Edge』の概要を説明する富士ゼロックスの高木常務執行役員

『Future Edge』の概要を説明する富士ゼロックスの高木常務執行役員

富士ゼロックスの高木純常務執行役員は「プリントオンデマンド領域の競争力の収益の強化」、「インクジェットによる新たなデジタル印刷市場の獲得」、「ワークフローによるデジタル・トラスフォーメーション」の重点施策を説明し、『Future Edge』を戦略実現の場に位置付けた。また、麻生修司執行役員は「未来のコミュニケーションビジネスの息吹を感じてもらいたい」と『Future Edge』の利用を訴えた。

『Future Edge』の内観

『Future Edge』の内観