印刷業界ニュース ニュープリネット

FFGS 軟包装用デジタル機のデモルーム『WING CITY komaki』を開設

2018.5.25

軟包装用インクジェット・グラビアハイブリッドプレス『Jet Press 540WH』

軟包装用インクジェット・グラビアハイブリッドプレス『Jet Press 540WH』

富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ(FFGS)は5月25日、愛知県小牧市に軟包装用インクジェット・グラビアハイブリッドプレス『Jet Press 540WH』を稼動展示する『WING CITY komaki』を開設した。

Jet Press 540WHは富士フイルムのインクジェット画像形成技術『EUCON Technology』を搭載し、フィルム機材への高速・高品質の出力を実現するとともに、UVインク特有の周期を大幅に低減させた食品包装などの用途に適した印刷システム。インクジェットユニットと、使用頻度の高い白インク用水性グラビア印刷ユニットをインライン接続し、低ランニングコストでの運用を可能にしている。小ロット生産に優れており、Jet Press 540WHのベースとなった『FUJI・Ⅿ・O』を導入した食品パッケージの富士特殊紙業では4,000m以下の需要に応えている。

左から富士特殊紙業の杉山社長、FFGSの辻社長、オリエンタル総業の原田社長、ミヤコシの宮腰社長

左から富士特殊紙業の杉山社長、FFGSの辻社長、オリエンタル総業の原田社長、ミヤコシの宮腰社長

同日のオープニングセレモニーでは富士特殊紙業の杉山真一郎社長、FFGSの辻重紀社長、同機を共同開発したミヤコシの宮腰亨社長、オリエント総業の原田秀典社長が出席した。

WING CITY komakiでは同機の実演をはじめ、テスト印刷のほか、セミナールームが設けられ、軟包装の市場動向などを紹介していく。