印刷業界ニュース ニュープリネット

第一印刷所 ハイデル新鋭機『スピードマスター XL106‐8‐P DryStarLED』導入

2018.5.1

daiichi第一印刷所は、新潟市江南区の本社工場にハイデルベルグ社の最新鋭オフセット印刷機『スピードマスター XL106‐8‐P DryStarLED』(菊全判8色両面兼用)を導入した。

新設機はハイデルベルグが提唱する『Push to Stop』のコンセプトを具現化するもので、プレスセンターXL2、ハイカラーマルチドライブ、プリネクトインプレスコントロールⅡによりジョブの切り替え時間を短縮する。4月24日、開かれた起動式後のデモンストレーションでは油性インキの印刷では難しいとされる中アキが取れない製品仕様で4色×4色のパンフレットを印刷。その後、ジョブチェンジしてCMYK+RG+ゴールドの7色で片面印刷した後、ドン天返し印刷で裏面を印刷した。これにより素早く広色域の7色×7色を実現した。

同社では菊全判8色両面機2台を売却。菊全判2色両面機2台をバックアップ機とし、新設機に計4台を集約。小・中ロットの生産力を強化した。

また、同時に導入した『プリネクトAIプランナー』は印刷に最適な工程組みを支援するもので、今後、MIS(経営情報システム)とワークフローシステムのXMFに連携させ、プリプレス処理の効率化を図っていく。