印刷業界ニュース ニュープリネット

ホタルコーポレーション ミマキ製3Dプリンタを増設、生産を強化

2018.4.17

世界遺産の軍艦島を3Dプリント

世界遺産の軍艦島を3Dプリント

ホタルコーポレーション(大阪市住之江区)はこのほどミマキエンジニアリング社製フルカラー樹脂3Dプリンタ『3DUJ-553』2号機を導入し、生産力、瞬発力が大幅に強化した。

同社は螢印刷のグループ会社で、3D造形サービス、UVインクジェットプリンタ出力サービス、レーザー加工、治具製作を展開している。今年2月には世界遺産『軍艦島』の3Dプリントで注目を集めた。

増設した『3DUJ-553』は、1,000万色超のフルカラープリントと透明表現が可能。同社では二次元データやゲーム用3DCGデータからの3Dプリントまでもサポートしている。