印刷業界ニュース ニュープリネット

リコーインダストリアル 振動データを可視化、設備や機械の状況を把握

2018.3.29

リコーインダストリアルソリューションズは、設備や機械が発する振動を可視化するセンシングシステムを開発した。

新システムは独自開発のセンサーとデータ解析技術を組み合わせることで、設備や機械の異常を検知するために必要なデータを抽出する。これにより製品の品質に影響する製造機械の異常振動や突発的な衝撃、健全性の確認など、今まで把握できなかった状態特性をリアルタイムに数値化して把握することができる。

同社では工場をはじめ、公共交通機関や常時稼働しているインフラ機器の状態監視など、様々な用途への活用を想定。機械の故障未然防止やダウンタイム短縮、メンテナンスの簡素化など安定した設備稼働の実現と共に、将来的に予兆保守への展開を目指す。

ricoh2