印刷業界ニュース ニュープリネット

ミマキエンジニアリング マスカスタマイゼーションを実現するソフトウェア発表

2018.3.22

ミマキエンジニアリングは、マスカスタマイゼーション(個別品の大量生産)に向けて周辺機器との通信で使用する独自の『MDLコマンド』と『Mimaki Job Controller』を発表した。

同社はインクジェットプリンタと、ロボットやベルトコンベア、検査装置、各種センサー、前後装置等の周辺機器が相互通信でつながることで、生産ラインへの組み込みや無人でのオンデマンド生産、マスカスタマイゼーションを実現する“つながるデジタルプリンティング”の開発を行っている。

発表した『MDLコマンド』はユーザーの生産システムや周辺機器が同社のプリンタを制御出来るようにするコマンド。『MDLコマンド』を使用することで印刷媒体をセットするテーブルの位置や高さ、プリント開始などのプリンタの動作を制御することができる。また、プリンタのインク残量やエラー情報等も取得できる。同社から提供する技術情報(SDK)によりソフトウエアを開発することで、ユーザーに最適なシステムの構築が可能になる。

『Mimaki Job Controller』は印刷媒体に合わせたプリントデータと出力条件を自動でプリンタに送信するソフトウエア。例えば、ベルトコンベアでワークが運ばれている生産ラインに、対応プリンタとロボットを一緒に組み込んだ場合、ロボットがベルトコンベアから流れてくるワークをプリンタに配置、配置が完了したらプリントが開始、プリントが終了したらロボットが印刷媒体を回収、といった一連の作業が無人化できる。