印刷業界ニュース ニュープリネット

富士ゼロックス 印刷創世研究会の第21期修了式で11名修了

2018.3.19

富士ゼロックスの印刷会社の幹部人材育成のためのプログラム『印刷創世研究会』の第21期印刷創世研究会の終了論文発表会および修了式が、3月16日、東京都港区の六本木ティーキューブで行われた。第21期生である9社11名が修了成果を発表するとともに、修了証を受け取った。

 

第21期印刷創世研究会修了式の集合写真(終了した研究生11名と関係者)

第21期印刷創世研究会修了式の集合写真(終了した研究生11名と関係者)

 

 

 

 

研修生を代表して感謝の意を述べるアート印刷・山﨑雅司氏

研修生を代表して感謝の意を述べるアート印刷・山﨑雅司氏

修了式は、富士ゼロックス常務執行役員GCS事業部本部長の高木純氏による主催者挨拶で始まり、続いて富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ常務執行役員の藤嶋克則氏から研究生へ修了盾と記念品が贈られた。

贈呈の後には、修了生を代表してアート印刷の山﨑雅司氏が研究生を挨拶にたち、関係各位へ感謝の意を述べるとともに、「色々なことを学ばせて頂いた」と、学んだ成果が会社で役立てることができたことを報告。「今、ほっとしていると当時に、スタートでもあると思う。ゴールを目指して、必ず達成しようと意気込みをもって進みたい」と力強く語った。

その後、修了生とスタッフ、関係者らによる集合写真で修了式を終えた。