印刷業界ニュース ニュープリネット

三松堂 内閣府企業主導型保育事業の保育園キッズランド開設式行う

2018.2.23

キッズランド開場式の式典で挨拶する三松堂・矢部真太郎社長

キッズランド開場式の式典で挨拶する三松堂・矢部真太郎社長

三松堂㈱(矢部真太郎社長)は、内閣府が進める「企業主導型保育事業」に参画し、「キッズランド狭山保育園」を開設し、その開場式が2月22日に行われた。

 

内閣府が進めている企業主導型保育事業は、多様な就労形態に対応する保育サービスの拡大を行い、仕事と子育てとの両立に資することを目的としたもの。三松堂は、「印刷業の人材確保と働き方を支援する」という目的から、同事業を運営会社の全国子ども保育促進機構㈱と共同で推進している。三松堂は、これまでにも企業主導型保育事業を推進しており、今回開所した「キッズランド狭山保育園」は、3ヵ所目。来年4月には、

キッズランド

キッズランド

同社板橋工場内に4つ目の保育園を開所することになっている。

 

キッズランド狭山保育園の開園式で三松堂の矢部真太郎社長は、「子供たちが成長する夢のある保育園を目指している。また保護者の方々にもそうした思いを感じてもらえる保育園にしたい」と挨拶した。

 

 

右から、古閑美保さん、矢部会長、矢部社長がお祝いのお餅つき

右から、古閑美保さん、矢部会長、矢部社長がお祝いのお餅つき

なおセレモニーでは、矢部一憲会長(三松堂)、全国子ども保育促進機構㈱の山内史郎社長、プロゴルファーの古閑美保さんをはじめ業界関係者が多数出席。見学会も行われたほか、お祝いの餅つきでは出席者にお餅がふるまわれるなど、和やかに開園を祝った。