印刷業界ニュース ニュープリネット

ニューリー アルミ蒸着紙、クリアパッケージに対応した紙面検査装置を開発

2018.1.25

newlyニューリーはオフセット印刷後の蒸着紙やクリアパッケージ用途を高精度に抜き取り検査できる検査装置『iSCAMERA‐PM FP-1000‐R』を開発し、販売を開始した。

従来の検査装置では、光を反射する蒸着紙や、光が透過するクリアパッケージ個包装容器の欠点検出が難しかった。新製品は蒸着紙、クリアパッケージに対応した検査装置で、ヒッキーやブラン凹み、黄汚れ、赤汚れ、文字潰れ、文字掛けなどの欠点を検出する。紙面との非接触形式で、印刷後のウェットな状態でも検査することができる。

読み取り検査有効サイズは900×1,200㎜。菊全判の検査サイクル40秒と高速性も備えている。

販売価格は1,300万円(税別)。2018年3月にデジタル検査用のアプリケーションの搭載を予定している。