印刷業界ニュース ニュープリネット

凸版印刷  人事向けBPO事業に参入

2017.12.14

凸版印刷は、トッパングループの旅行代理店であるトッパントラベルサービスと連携し、海外人材の受入や海外赴任に伴う各種業務を代行する海外人事トータルサポートソリューションの提供を、2017年12月下旬より本格的に開始する。これにより、凸版印刷は人事・総務向けのBPOビジネスに参入する。

ソリューションのイメージ

ソリューションのイメージ

同ソリューションは、凸版印刷の強みであるBPO事業における業務構築力・運営力と、トッパントラベルサービスの強みである査証や航空券手配など業務渡航ノウハウを組み合わせることで、企業のグローバル人事をサポートするもの。

具体的には、査証など申請手続きの代行や生活オリエンテーション、住居サポートなど、企業の人事部門が抱える数々の業務を一括で代行。企業における海外人事に関する業務負荷の大幅削減を実現する。

現在、外国人労働者人口は増加の一途を辿っており、日本国内における外国人就労者は2025年に約144万人と推計されている。こうした市場背景の中で、企業が海外人材の受入や海外赴任者対応にあたり、業務ノウハウの不足や管理者不足などから、十分なサポートができないといった課題があった。

これまでも凸版印刷では、企業や自治体の事務局業務やコンタクトセンターなど、幅広い範囲で業務を代行するBPO事業を全国で展開していたが、こうした現状を背景に、トッパントラベルサービスと連携して海外人事トータルサポートソリューションを開始することとなった。

提供するソリューションは、「海外人材受入サポート」と「海外赴任サポート」の2つの業務について、相談窓口を設置し、赴任前・赴任時・帰任時にそれぞれ行う手続きをサポートする。またダイレクトメールの制作・発送など、凸版印刷が従来提供する他のソリューションと組み合わせることにより、トータルサポートを実現できる。