印刷業界ニュース ニュープリネット

トッパンフォームズ 複数拠点での即時帳票印刷を可能にする「プリント・データ・トランスファー」提供開始

2017.12.4

トッパン・フォームズは、「送り状」「納品明細」「作業指示書」など、現場での即時大量印刷を必要とする帳票出力用データの生成・配信サービス「Print Data Transfer/プリント・データ・トランスファー」の提供を開始する。

omote.eps

 

「プリント・データ・トランスファー」は、トッパンフォームズと日本電気(NEC)が共同開発したもので、トッパンフォームズの「帳票生成基盤」で生成したプリントデータを、NECのクラウド基盤サービスにより構築した「統合印刷管理」クラウドにスプールし、顧客の拠点プリンターでの即時印刷を可能にする。これによりプリントデータ生成・配信のアウトソーシングが可能となり、企業の帳票出力に関わるコストと労力を最適化する。

特長は、 顧客企業の既設印刷機器にクラウド経由でオンデマンド印刷することが可能で、Web画面操作により顧客側が印刷完了確認等の運用管理機能を利用できる。また、重要な帳票データ全般の管理・運用を高度なセキュリティ環境で実現している。

 

今後、トッパンフォームズでは、帳票ライフサイクル(発生・活用・保存・廃棄)を紙と電子の両面からサポートする帳票運用管理トータルアウトソーシングサービス「EFMS」の拡販を製造業・自治体などを中心に行う。「プリント・データ・トランスファー」は、帳票ライフサイクルの「活用」の部分にあたるサービスとして、ビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)やデータ・プリント・サービス(DPS)などのサービスとの連携を強化することで、顧客先の業務全てにソリューションを提供できるように価値の創出と適用業務範囲の拡大に努めていくとしている。