印刷業界ニュース ニュープリネット

凸版印刷 ほぼ日の新しい地球儀で制作協力

2017.11.28

凸版 ほぼ日のアースボール株式会社ほぼ日(代表取締役:糸井重里) が、新しい地球儀を制作した。“まるくて、かるくて、やわらかい。だけど、地図は精密で正確”というこのアースボールは、専用アプリをインストールしたスマホやタブレットをかざすと、世界中の情報やお楽しみが飛び出してくるという。どんどん手で触れて楽しめる、実は最先端な地球儀として、12月1日から販売される。

 

ほぼ日のアースボールは、ほんとに地球のかたちのボールではありながら、従来からある、重くてかたくて、場所をとる地球儀のイメージを一新。地球儀としても、最新の人工衛星のデータをもとに標高で色分けされた地図に、国名や国境線、首都や大都市をわかりやすく記載されている。加えて、有名な建築物や世界遺産・動物など、独自のアイコンもあちこちに散りばめた内容。

色々な情報がタブレット上から見れる

色々な情報がタブレット上から見れる

AR技術を活用した楽しみ方が大きな特長

AR技術を活用した楽しみ方が大きな特長

特に、「地球」をより楽しむために、最新のAR技術を搭載しているのが大きな特長。専用アプリをインストールしたスマホやタブレットをかざすと、世界各国の動画や写真、テキストなどにアクセスすることができる。アプリのダウンロードは無料で、読みとれる情報は、今後も増えていく予定。

 

【アースボールについて】

体裁 サイズ:直径約27cm /重量:80g/ 材質:非フタル酸PVC /生産国:日本 / 台座( ポリカーボネート) 付き
地図データ 縮尺:1:47,650,000 / 地勢タイプ(標高差による色分け) /  日本語(一部英語併記)
AR アプリケーション 対応OS:iOS9以上、Android4.4以上
価格:5,940円(税込)
発売:12月1日(金)より下記にて発売開始

「ほぼ日ストア」 https://earthball.1101.com

TOBICHI,TOBICHI京都,ロフト,東急ハンズ/博品館/Amazonなど

企画制作:ほぼ日

制作協力:凸版印刷、NHKエンタープライズ、小学館の図鑑NEO、平凡社地図出版、Koozyt、amana